巡る因果の猫車 ─ reboot ─

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ISを名乗る賊徒どもへの報復策

 信じがたい事に、今年に入ってまだ一ヶ月も経ってないわけですが……シャルリーヘブド紙襲撃について、なんか書こうと思ってたら、次から次へと……遅筆には辛い展開の速さですねorz

■イスラム国、後藤さんの画像投稿=湯川さん殺害か-安倍首相「許し難い暴挙」と非難
http://www.jiji.com/jc/isk?g=isk_date1&k=2015012500001

 今のところ真偽は不明ですが、人質の一人が亡くなるという、大変に残念な事態となってしまいました。正直なところ、人質になった経緯がアレなんで同情はしづらいのですが、同じ日本人が殺害された事は残念ですし、また、民生支援のボランティアなどで中東入りしてる民間人や、国連職員などが今後同様の危難に遭わないとも限らないので、国としてどう対処するかが、今後問われていく事になると思います。
 未だ人質にされている後藤氏の安否にも関わる事ですしね。

 ただ……現時点で日本政府が出来る事って、どれだけあるのかとは思います。もし仮に、海外の邦人救出に自衛隊を出せる法体系になっていたとして、なおかつ、それを行うだけの戦力があり、さらに中東諸国がその作戦行動に理解を示し協力してくれてたとしても、どこに兵を向ければいいのかさえ解らない(政府は必死で位置特定に努力してるとは思いますが)以上、直接行動は難しいところですし。今後の事を考えて(たとえは、アルジェリアでのプラント襲撃のような事件に対応可能な)、特殊戦のエキスパート部隊の編成や、派兵のための法整備は必要かとは思いますが。
 さりとて、新たな要求に従って、ヨルダンが収監しているテロリストの釈放をヨルダンに求めるってのも、当たり前の話ですが倫理的にも国際世論的にも可能ではありませんし(この辺の事情については、こちらの池内恵東大准教授の解説が詳しいです→「イスラーム国」による日本人人質殺害と新たな要求について)

 となると、日本としては今回の件、中東諸国に協力要請くらいしか出来る事はないのか?拱手傍観しつつ人質の安否を案ずるしかないのか?
 いいえ、一つだけあります。かなり乱暴な話ではあるのですが、それは何かというと……

日本から中東への、難民支援倍プッシュ


 ああっ!呆れないで!ページそっ閉じしないでええええ!!
 いや、一応の理屈はあるんですってば。

 えーと、もし要求に従って収監されているテロリストの釈放に日本政府が動き、ヨルダン政府がそれに応じて(まずありえない話ですが)釈放したとしても、後藤氏が危害を加えられず帰ってくる保証は、どこにもありません。そもそも、いくら支配地域に自分から立ち入った人間だとはいえ問答無用でとっ捕まえて脅迫のネタにしたり、男は虐殺・女は強姦なんて事を占拠してる地域でやってるような連中が持ちかけてきた取引を信用するとか、ちょっとお人好しに過ぎないかとも思うわけで。
 もしこちらがテロリスト釈放に動いたとしても、後藤氏はそのまま拘置され続けるという可能性は、結構高いんじゃ無いかとも思います。
 では、どうすべきか。もちろん、日本を脅しても何のメリットもないどころか、デメリットしかないことを骨の髄まで思い知らせるしかありません。平たく言ってしまえば、報復です。
 とは言っても、現行法及び現在の自衛隊の能力では、軍事的オプションは採りようがないですし、採れるだけの法制・編成があったとしても、それを遂行するには無理があるのは、先にも言ったとおり。
 となると、軍事的報復の次に、あるいは、それよりもISILが嫌がりそうな事は何か?それが、ISILの暴威によって難民化した人々への、経済支援だと思うのです。
 ISILの周辺で困窮する人々というのは、言ってしまえば明日をも知れぬ身であり、失う物が何もないという状況に置かれています。こうした人々は、その性格や善性の如何を問わず、テロリストのリクルート対象になりがち。先のシャルリー・エブド紙襲撃事件においても、実行犯はムスリムではあるものの、フランス国内の貧困層出身者だったという話もありますし。
 で、あるならば、地域の治安と民生を安定させ、難民を困窮から救い、日常を取り戻した中間層へと変化させるというのは、長期的にはテロリスト根絶に繋がる根治策となり得ると思うのですよね。
 なにより、ここ数十年続けてきた日本の対中東政策から一歩もはみ出しませんし、平和国家たる日本(あっはっは)のイメージにも、最も適合してるかと思います。

 ただ……中東への支援を理由とした法外な身代金から、ヨルダンに収監されているテロリストの釈放へと要求をシフトさせてるあたり、ISILに対して、中長期的な嫌がらせがどこまで通用するか、甚だ心許ないですが……支配ではなく統治の事を考えるならば、連中が支配地域でやってること、あまりにも無茶苦茶で、後先考えてるとは到底思えないですし。


 まあ、あたいがここで提案してる事も、おそらくは採用されるとは思いませんが(もし採用されたらなんかくださいw)、どっちみちテロリストの要求を呑む事は事実上不可能である以上、なんらかの措置を執って欲しいものです。 



スポンサーサイト

政治とか経済とか | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<違憲合憲を判断した判決ではありません | ホーム | 死体蹴りしてる暇はない>>

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2015-03-10 Tue 15:18 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。