巡る因果の猫車 ─ reboot ─

違憲合憲を判断した判決ではありません

■集団的自衛権無効の却下確定=閣議決定めぐり-最高裁
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201507/2015073101067&g=soc
 集団的自衛権の行使を容認した昨年7月の閣議決定は違憲だとして、元三重県職員の珍道世直さん(76)=津市=が閣議決定の無効確認を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は29日付で、珍道さん側の上告を棄却する決定をした。訴えを却下した一、二審判決が確定した。(2015/07/31-21:18)

 えー、なんかこれ見て閣議決定が合憲と判断された!って誤解してるような人がTLにいたのですが、そんないいもんじゃないんですよ。
 この訴訟、日本においては、ただの馬鹿が起こした意味のない訴訟であり、地裁から最高裁に至るまで、集団的自衛権行使容認の閣議決定について、合憲か違憲かの判断は一切なされておりません。どうしてそうなるかと言えば…

●日本において、抽象的違憲審査を行う裁判所は、存在していない

 基本として抑えておくべき事なんですが、日本の司法システムにおいて、施行前の法律や成立以前の法案、そして法案以前の閣議決定を合憲か否かを判断する機能は持たされていないのですよ。
 と、言いますのも、日本において裁判所は全て司法権の下に設置されており、そのため、違憲立法審査についても司法権の行使として行われることになります。つまりは、施行された法によって何らかの実害(それが精神的苦痛などであっても)が生じ、それを理由に訴訟が起こされた場合によってのみ、判断が出来るという仕組みになってるわけですね。
あくまで、具体的な事件に付随して違憲審査を行うわけです。

 ここまで書いてもよく解らないという人には、東京地裁の岡崎裁判長の言葉を引用した方が早いかもしれませんね。

“岡崎克彦裁判長は「閣議決定がすぐに原告の権利を制限するわけではない。具体的な法律関係の争いではないので訴えは不適法だ」と述べ、無効確認の訴えを却下。不安を理由とした10万円の慰謝料請求は「個人的感情にすぎない」として棄却した(閣議決定無効の訴え退ける 東京地裁(産経新聞))”



 つまり、閣議決定なり法案なりが原告に害をなしたかどうかが問題で、その点が認められないのであれば違憲審査に進む道理もないという話です。
 制度的にはそうなるよなってだけの話であって、安保法制支持派が喜ぶような内容でもなければ、反対派が憤慨すべき話でもありません。


 ただまあ……違憲審査について馴染みがない人が多いからこそ、前出の「最高裁が合憲と認めた!」と喜んじゃう人がけっこうな数出てきちゃったわけで、その点で政治的影響が皆無とは言えないのかなぁ、とも思いますが……報道各社ともに扱い小さい感じですし(訴訟内容考えたら当たり前といえば当たり前)、趨勢に影響はないのかもしれません。

 ともあれ、違憲か合憲かの判断以前で棄却されてるお馬鹿な訴訟だと思っとけば、まず間違いないと思いますよ。
 せいぜい、日本の違憲立法審査について無知な奴が、噴き上がって起こした訴訟とでも認識しておけばよろしいかと。

スポンサーサイト

政治とか経済とか | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国連総会を前にしたNYTへの安倍氏の寄稿 | ホーム | ISを名乗る賊徒どもへの報復策>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |