FC2ブログ

巡る因果の猫車 ─ reboot ─

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

国連総会を前にしたNYTへの安倍氏の寄稿

北朝鮮の脅威に対する連帯
https://www.nytimes.com/2017/09/17/opinion/north-korea-shinzo-abe-japan.html

安倍晋三

 東京発:全世界は、北朝鮮による空前の、差し迫った脅威と対峙させられています。9月3日、金正恩政権は許されざる核実験を行いました。そして先週末、二週間前に行われた物と同様の弾道ミサイル実験を、我が国の上空を通過する形で実施しております。平壌は繰り返し、国連安保理の決議に違反したミサイル実験を行うことによって、その射程が欧米に達することを示しました。

 北朝鮮の行動は、完全に国際社会への挑戦であります。9月11日、国連安保理は国連加盟国が北朝鮮への石油輸出を行うことを禁じ、北朝鮮からの繊維輸入を禁止し、北朝鮮人が海外で働くことを禁ずる、厳しい多角的制裁決議を、満場一致で採択しました。

 これらは重要な一歩だとは言えますが、平壌の指導者達は一貫して以前の決議を無視してもいます。これに対し、国際社会は一丸となって、制裁を遂行するべきでありましょう。

 ここ、北東アジアでは、北朝鮮の脅威は25年にわたり現実的な物でありました。我々は化学兵器による攻撃とともに、短距離~中距離ミサイルの脅威に直面しております。

 北朝鮮は特に日本人を標的として、多くの罪もなき人々を拉致しております。その中には、1977年当時、13歳であった少女も含まれております。彼ら被害者のほとんどは、1970年代から80年代にかけて北朝鮮によって拉致されました。

 誰もがこれらの課題に対する、平和的解決を目指しています。そのためには、世界的規模の結束が最も重要でありましょう。とは言え、外交を最優先とし、対話の重要性を強調することは、こと北朝鮮問題に対しては機能しません。歴史は、国際社会全体による共通の圧力が、不可欠であることを示しています。

 1990年代初頭、北朝鮮による核不拡散条約や、国際原子力機関(IAEA)からの脱退宣言は、緊急の注意を要する問題でした。これに対し、当時の日本、米国、そして韓国は北朝鮮との協議を行い、軽水炉2基の建設と重油の供給と引き換えとして、最終的に核開発の凍結を北朝鮮に認めさせました。日米韓は欧州や他のアジア諸国の協力の下、先の合意を達成するための財政負担の大部分を担いました。

 しかし、今の我々はその後に起こったことを知っています。重油を供給し、軽水炉の建設工事を開始した数年後、北朝鮮は協定に違反したウラン濃縮計画があることを、認めたのです。

 2002年末までに北朝鮮はIAEAの査察官を追放し、続く2003年にはNPTからの公式脱退を行いました。その後、日米韓に中国とロシアが加わり、北朝鮮との六者協議体制が組まれました。その結果、北朝鮮は検証可能な非核化に、再度合意したのです。しかし、その合意が何をもたらしたかといえば、北朝鮮は2005年に自身が核保有国であることを宣言し、2006年に核実験を行ったのです。対話を通じて問題を解決しようとした5ヵ国の試みは失敗しました。

 要するに、国際社会は誓約の『報酬』として、制裁措置からの救済と支援を北朝鮮に供したが、彼らの指導部はその約束の大部分を無視したのです。

 こうした歴史的経緯と継続的なミサイル及び核実験を考えるに、北朝鮮とのより多くの対話は致命的な物となるでしょう。ここでさらなる対話を行うことは、各国がミサイルや核実験の成功に屈したという証拠であると、平壌は見做すでしょう。今、北朝鮮に対しては、最大限の圧力をかける時が到来しているのです。もはや、猶予の時はありません。

 約半世紀もの永きにわたり、北朝鮮はどのようにして、ミサイル開発と核実験を絶えず追求することが出来たのでしょうか?何十年にもわたる国連からの制裁を受けつつ、原材料、部品、そして強力なエンジンを得るための膨大な資金を、どのようにして獲得してきたのでしょうか?統計によると、アジアを中心として、北朝鮮との貿易が続いている国が存在しています。また、最近では2016年のように、貿易額が前年比を上回るような年もありました。国連によると、北朝鮮の弾道ミサイルには外国製の部品が用いられている事が解っています。北朝鮮から製品やサービスを輸入したり、労働者を受け入れている国もあります。アジアに設立されたトンネル会社は、北朝鮮による外貨へのアクセスを可能としてもいます。

 日本は堅固な日米同盟を再確認する事によって北に対応し、さらに米韓の足並みを整えるよう調整してきました。また、私は、全てのオプションがテーブルの上に置かれているという、米国の立場をしっかりと支持してもいます。

 直近の核実験への対応として、北朝鮮への制裁を大幅に強化することを取り決めた、9月11日の安保理決議2375の迅速かつ満場一致での採択を私は評価しています。ですが、これらの制裁決議の採択に決して満足してはならないと、私は強調したい。北朝鮮がさらなる物資・技術・資金・人材を得ることを阻止し、ミサイル及び核武装計画を進展させないよう、我々は継続的に決議を徹底実施するべきであります。

 北朝鮮は深刻な脅威を手に世界に挑戦を行い、国際的な核不拡散体制を侮辱しています。我々は可能な限り迅速に、北朝鮮による挑発を食い止め、核兵器と弾道ミサイル開発を捨てさせ、彼らに拉致された人々の返還を成し遂げなければなりません。

 国連の効果的な役割とともに、国際社会における連帯と努力は、これまで以上に重要になっていくでしょう。
 

 国連総会を前にして、各国首脳が読むであろうタイミングでのNYTへの寄稿、やはり安倍氏は外交巧者であると思わざるを得ないですね。

スポンサーサイト

政治とか経済とか | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム | 違憲合憲を判断した判決ではありません>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。